アジアサッカー

【カタールW杯】日本対ドイツ戦は「視聴率40.6%」と「視聴者数1000万人」を達成

サッカー日本代表にとっては負けられないカタールW杯の初戦となったドイツ戦は、前半にPKから失点を許すが、後半開始からフォーメーションと戦術を変更し、堂安律選手と浅野拓磨選手のゴールによって逆転し、大きな大きな勝ち点3をもぎ取る事に成功した。

引用:GOAL Japan 公式 Facebookページ

この勝利にサッカー日本代表サポーターは歓喜に包まれ、1993年10月28日に同じくカタールのドーハで起きた、イラク戦での引き分けによりアメリカW杯出場を逃した「ドーハの悲劇」と呼ばれる屈辱を果たした。

引用:ITmediaビジネス 公式 ホームページ

地上波では、NHK総合が生放送をし福西崇史氏と井原正巳氏が解説を担当。そして、ネット放送では、サイバーエージェントが運営するABEMAが生放送し本田圭佑氏と槙野智章氏が解説を担当した。

引用:NHKニュース ホームページ

地上波のNHK総合では、平均世帯視聴率が35.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、最高視聴率は試合終了時で40.6%を達成。過去のサッカーW杯での最高視聴率は2002年の日韓W杯のロシア戦で66.1%だった。

引用:ITmedia NEWS 公式 ホームページ

また、ネット放送のABEMAでは推定200億円を投資し、カタールW杯の全64試合を生放送することを決定。そして、サッカー日本代表の初戦であるドイツ戦ではABEMA史上初の1日の視聴者数が1000万人を超えた。

(サムネイル引用:GOAL Japan 公式 Facebookページ)

企業向けお問い合わせ窓口

ASBではタイでのスポンサー、CSR活動、企業研修をご検討の企業・団体様からのご相談を受け付けています。こちらよりお気軽にお問い合わせください。
ABOUT ME
真野浩一
LaLa Clasico Co.,Ltd.(タイ)/Goal Sports Consultancy FZE(ドバイ)代表。 2008年にプロフットサル選手を目指し渡タイ、バンコク・グラスFCに所属。引退後にアパレル関連会社であるLaLa Clasico Co.,Ltd.を設立し、2012年からサッカー事業にも携わり、10年以上のアジアサッカー界での活動歴がある。